上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
こんにちは
みなさんお元気ですか
僕は元気です
増田です

突然ですが・・・
問題です

神戸の夜景はどんな例え方をされるでしょう

 1、10万ドルの夜景
 2、100万ドルの夜景
 3、1000万ドルの夜景

答えは・・・












3の1000万ドルの夜景

100万ドルの夜景という言葉が使われたのは神戸が最初だと言われています。
神戸の夜景が100万ドルの夜景と呼ばれるようになった由縁は、
昭和20年代に六甲山の山頂から神戸を見下ろしたときに見える神戸の電灯の電気代が
およそ100万ドルであったことから100万ドルの夜景と呼ぶようになったそうです。

昭和20年代に電灯の電気代から呼ばれるようになった神戸100万ドルの夜景も現在では、
当時の何倍もの電灯が輝いており1000万ドルに昇格しました。

らしいです
昇格って・・・。
神戸がもっと発展すればいつか10000万ドルの夜景にまた昇格するのだろうか・・・

ちなみに先日神戸でトップ3に入る高級タワーマンションの最上階のご案内をさせて頂きました。
ワンフロア1室でお家賃月額120万円
そこから見た景色がこちら。

gggg.jpg

ggg.jpg

1000万ドルに納得。

1000万ドルの夜景を満喫できるお部屋をお探しの方。
10000万ドルの夜景になるかを議論したい方。

ピタットハウス元町店まで
スポンサーサイト
2012.01.16 Mon l 未分類 l コメント (1) トラックバック (0) l top

コメント

3年ぐらい前に僕も1000万ドルの夜景の話をブログに書きました!
http://pitat7776.blog59.fc2.com/blog-entry-76.html
2012.01.18 Wed l m.t. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://pitat2333.blog6.fc2.com/tb.php/495-ee72c39b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。